環境保護基本方針

環境保護基本方針

株式会社カクニ茶藤(以下「当社」)は、以下のとおり環境保護基本方針を定め、環境保護の仕組みを構築し、全従業員環境保護の重要性の認識と取り組みを徹底させることにより、環境の保護を推進し、持続可能な社会を実現するため、次の基本方針に基づいてグローバルに行動します。

 

地球環境保護に貢献する技術や製品の提供

当社は、持続可能エネルギーや関連技術による茶の製造および有機製品や無農薬製品などを含めた茶製品を市場に提供することによって、地球環境保護に積極的に貢献します。

放棄された茶園を整備することにより、鳥獣被害の抑制や景観の維持などにも努めます。

 

製品ライフサイクルにおける環境負荷の低減

当社の製品を市場に提供するにあたっては、原材料の調達から廃棄段階に至るまでの製品の全ライフサイクルにわたって、地球環境への負荷をできるだけ少なくするように努めます。

 

事業活動での環境負荷の削減

原材料の調達から生産、物流に至る事業活動によって発生する環境負荷を低減するよう省エネルギー、廃棄物削減、有害化学物質削減などの環境保全活動を推進します。

 

法規制・基準の順守

当社が事業を行う国や地域はもとより、提供する茶が販売される国や地域の環境規制を遵守します。また、必要に応じて、自主基準を策定し、環境保護に努めます。

 

環境マネジメントシステムの確立と継続的改善

当社の環境保護推進体制の整備、環境目標の設定などにより環境保全活動を推進します。また、内部監査などにより継続的な改善を図ります。

 

従業員の意識向上と社会貢献

日常業務を通じて従業員の環境保護に対する意識向上を図るとともに、従業員一人ひとりが環境保全活動などを通じて積極的に社会貢献に努めます。

 

コミュニケーションの推進

当社の環境保護への取組を社内外に開示し、広く社会や関係者とのコミュニケーションを推進するとともに、その意見を反映して環境保全活動の継続的な改善を図ります。

このページの先頭へ