労働者の人権に関する方針

人権に関する方針

株式会社カクニ茶藤(以下「当社」)は、「企業行動指針」の項目中に、「自分・仲間・お客さまと誠実に向き合う」と掲げ、当社で働く人々とその他すべての人との関係において、基本的人権を尊重することを明記しています。また、「世界人権宣言」など人権に関する国際規範および、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」を踏まえて、「人権を侵害しない・人権侵害に加担しない」持続可能な企業体質の構築を推進する方針のもと、「労働者の人権に関する方針」に基づいて行動します。

 

強制労働の禁止

当社で働くすべての人の労働は自主的なものでなくてはならず、当社は労働者に雇用と労働を強制しません。

 

児童労働の禁止

当社は、児童が働くことを認めません。また、18歳未満の従業員を、健康や安全が危険にさらされる業務に従事させません。

※  「児童」とは、15歳未満(該当国法が許可すれば14  歳未満)、義務教育を修了する年齢または該当国における最低就労年齢に満たない者を指します。

 

労働時間への配慮

当社は、グローバルな基準を尊重し、各国該当法令を遵守して労働時間・休日・休暇を適切に管理します。

 

適切な賃金

当社は、各国の最低賃金、超過勤務、法定給付を含むすべての賃金関連法を遵守して労働者に給与を支払います。

 

非人道的な扱いの禁止

当社は、労働者に対するセクシャル・ハラスメント、性的虐待、体罰、身体的または精神的抑圧、言葉による虐待、嫌がらせや非人道的な扱いを禁止します。

 

差別の禁止

当社は、人種、民族、国籍、出自、肌の色、年齢、性別、性的指向、障がいの有無、妊娠、宗教、政治的指向、配偶者の有無、家族状況、HIV/エイズへの感染などを理由とした雇用と労働での差別を禁止します。

 

従業員の団結権

当社は、現地の法規制を遵守した上で、労働環境や賃金水準等の労使間協議を実現する手段としての労働者の団結権を尊重します。

 

安全・健康な労働環境

当社は、労働安全衛生法に基づき、労働者が安心して働けるよう職務上の安全・健康の確保を最優先とし、事故、災害の未然防止および心身の疾病予防に努めます。

 

※  労働者とは、パート、嘱託等の名称の如何を問わずカクニ茶藤と直接雇用関係にある者、ならびに労働者派遣契約により当社の指揮命令下に業務を遂行する派遣社員、業務請負契約に基づき当社の事務所、工場(含、現場)で業務に従事する請負社員をいいます。

 

このページの先頭へ